住宅建築をするときのポイントを押さえておこう

収納は大き過ぎない方がよい

住宅建築をする場合は、設計士と一緒に設計をする場面がありますが、その時には収納を大きくしたい人が多いはずです。住宅を建築するきっかけになるのは子供が大きくなったり、子供が新たに生まれたからという理由が多いです。子供が大きくなったり人数が増えると収納も大きくしなければなりません。そういった理由から、住宅を建築するときには収納を大きくする必要があることが多いです。

ただし、収納は大きすぎてはいけません。必要な荷物をいるだけの場所であれば問題ありませんが、収納が大きいと、まだ中に入るだろうという思い込みからたくさんのものを買ってしまったり、必要でないものまでそのまま捨てずにとって置くことがあります。そうすると、本当に必要なものが何か分からなくなったり、必要なものを探すことが難しくなるので、ほどほどの大きさにしておくべきです。

吹き抜けについても知っておく

最近は、吹き抜けを多用している住宅が増えています。例えば玄関に吹き抜けの設計をしたり、リビングを吹き抜けにすることが多いです。わざわざ吹き抜けにする理由は、天井を高くすることで空間を広く見せる工夫や、リビングや玄関を明るくするためです。吹き抜けにすることの問題点は、有効面積が少なくなることです。2階部分の天井を取り払い吹き抜けにした場合は、2階の有効スペースがその分減っていきます。また、冷房や暖房が利きにくくなります。なぜなら、天井が高いからです。

それらを受け入れたうえで吹き抜けにするのであれば問題ありませんが、問題点をよく考えて設計をするべきです

住宅のフランチャイズは基本的には他のフランチャイズと同じで、本部と全国の加盟店から構成されます。本部が開発や仕入れ、宣伝活動等を行い、各加盟店が本部からのサポートを受けてサービスの提供を行います。