正しく動作する家電のために! EMC試験の重要性

電磁ノイズと電子機器の関係

パソコンや電子レンジなど、家電製品は現代の生活に欠かせない道具です。とても便利な道具ですが、それらの機器から電磁ノイズが放出されているのをご存じでしょうか。電源が入っている家電製品(電子機器一般)からは、多かれ少なかれ電磁ノイズが出ています。この電磁ノイズは、ほかの家電製品に影響を与え、状況によっては誤動作を引き起こす可能性があるのです。「なんらかの電磁ノイズの影響で、ラジオ放送が聞こえにくくなる」などの悪影響は、近年ではだいぶ少なくなっています。それは世界各国で「EMC試験」が導入され、家電の設計段階から電磁ノイズの放出量を抑制し、ほかのノイズによる悪影響を受けにくいようにチェックされているからです。

EMC試験の詳細について

EMC試験には複数のチェック項目がありますが、大きく2つの試験に分かれています。EMI(エミッション)とEMS(イミュニティ)です。EMIは電子機器から放出される電磁ノイズを測定する検査で、EMSは電磁ノイズを擬似的に発生させる環境を作り、そこで試験対象の電子機器が正常に作動するかを検査します。最終的に、国の法律などに定められた基準をクリアできれば合格です。EMC試験で不適切な結果が出た場合、基本的には設計や製造をやり直すことになります。不適切な結果のままで電子機器が実用化されることはありません。EMC試験の実施には特殊な設備が必要です。中小企業など設備を自前で用意できない団体のために、依頼を受けて試験を代行したり、試験設備を貸し出したりする企業もあります。

EMC試験とはパソコンなどの電気機器などがテレビや電話などのノイズに対し、誤動作が起きないかを測定する耐性試験のことです。