資格がなければ犯罪ですよ!治療を受ける前に必ずホームページをチェック

国家資格があることは絶対条件

整骨院と接骨院の違いは呼び名が違うだけで、どちらも国家資格である柔道整復師が施術を行ないます。柔道整復師になるには、高校卒業後に柔道整復師養成課程の学校で3年以上学んだ後に国家試験に合格する必要があり、養成課程では解剖学や病理学などを学びます。柔道整復師は、人間の持つ治癒能力を活かして治療を行う非観血的療法で骨折や脱臼などの治療を行います。柔道整復師と間違われる職種にあん摩マッサージ指圧師がいますが、医師の指示なく有償で肩こりなどのマッサージが行えるのは国家資格のあん摩マッサージ指圧師のみ、巷には有償でマッサージを行う者がいますが後遺症などトラブルが後を絶ちません。施術を受ける際は柔道整復師の資格を有していることはもちろん、資格取得後に他の整骨院での経験値が整骨院を選ぶ際に参考となります。

代表者の経歴等をチェック

整骨院選びの際に役立つのがホームページ、ホームページには代表者等の経歴・施術メニュー・料金(保険適用範囲)などが記されており、自分に合うかどうかを判断できます。整骨院へ行かれる方の多くは痛みを取り除く慰安目的が主、マスコミなどで取り上げられる人気の整骨院は慰安以外に再発防止を行うための予防にも力を入れています。患者が混み合っている整骨院は一見良いように思えますが、混み合えば転倒などの事故に繋がり、駐車するにも一苦労です。面倒であっても予約が出来れば、駐車に困ることはなく、スムーズに治療を受けることが可能です。整骨院は長期に渡り通うことが多く回数券の購入を勧められますが、いきなり回数券を勧める整骨院は敬遠、回数券は治療効果が実感できてからでも遅くありません。

名古屋の整骨院の治療方針にこだわりたい場合には、ベテランの柔道整復師のこれまでの対応事例をチェックすることが肝心です。