徹底解説!今求められているBCP対策とは一体何か

そもそもBCPってなに?

BCPという言葉は非常によく使われますが、しっかりと説明できる人は少ないのではないでしょうか。BCPとは、Business continuity planの頭文字を取ったもので、日本語では事業継続計画と言われます。このBCPは色々な意味で使われることが多いのですが、一般的には自然災害や事故と言った緊急事態でも事業を継続することができるようにすることを指すことが多く、BCP対策と言われることもあります。

BCPはなぜ必要なのか

それではなぜBCPは必要なのでしょうか。その理由は企業が抱えるリスクがどんどん大きくなっていることが挙げられます。例えば、2011年に東日本大震災が起きましたが、このような地震は今後も発生する可能性が高いことが指摘されています。地震のような自然災害以外にも、テロのような脅威もあります。またインターネットが爆発的に発達したことで情報拡散が急速化していることなど、事業を取り巻く環境は大きく変化しています。このような脅威や環境の変化に上手く対応することが出来なければ事業を継続されることが出来ません。だからこそBCPを意識する必要があるのです。ちなみにBCPは法律によって定められているわけではありません。そのため、対策をしなかったとしても、何かとがめられるわけではありません。しかし日本ではBCPを意識した行動をする企業が急増しています。事業を続けるのであれば、長期的な視点を持ってリスクに対応していく姿勢が求められるでしょう。

BCP対策は、災害や事故などの不測の事態が発生した際に、事業が継続できるように対策することで、企業としては大切なことです。