知りたい!リバブレーションチャンバーのメリットとは

そもそもリバブレーションチャンバーって何?

リバブレーションチャンバーというものを知っていますか?リバブレーションチャンバーとは、実反射環境を生み出すために作られた機械のことです。これだけではピンとこないかもしれませんが、私たちの生活の中で身近な、スマートフォンや携帯電話などの無線アンテナの性能検査などに使われています。スマホや携帯で問題なくデータの送受信ができるのは、このリバブレーションチャンバーによる精密な検査のおかげだと言えます。この検査機械がなければ、今の情報社会は成り立たないと言っても過言ではありません。

リバブレーションチャンバーを使うことによるメリット

リバブレーションチャンバーを使って検査することによって、スマホなどの無線機器の性能を高めることができます。無線端末で使用されている無線機用テスターと、リバブレーションチャンバーを一緒に使うことで、無線アンテナが正しく作動しているかを確認することが可能です。また、性能検査以外にも無線端末の天敵とも言えるノイズを軽減するのにも役立ちます。高レベルの電磁界を発生させ、音の影響を受けない環境を作り出すことが可能なので、そういった場所で研究を行いたい場合には必要不可欠なものなのです。また、リバブレーションチャンバーには幾つかの種類があり、それぞれ測定距離や対応している周波数が異なるので、目的に合ったものを使って検査を行えばスマホや携帯以外の様々な無線端末にも活用できます。このようなメリットから、リバブレーションチャンバーは今後の通信システムの研究に欠かせない検査機械であると言えます。

リバブレーションチャンバーは、マルチパスシュミレーターになります。無線テスタと組み合わせることにより、性能がアップします。