症状によって変わる?!腰痛予防と改善方法

猫背や前傾姿勢が原因で腰が痛くなってしまったら

最近ではデスクワークやパソコン作業が多くなり、たくさんの人が悪い姿勢で長時間作業していることが多くなりました。猫背や前傾姿勢など体全体が丸まった状態が続くと、腰椎が後湾してしまいます。腰椎が後湾した状態では頭や上半身の体重が直接腰に伸し掛かってしまうことになり、腰への負担が大きくなってしまいます。この状態が続くと腰の筋肉が硬直し、万が一炎症を起こしてしまうとぎっくり腰などの重い症状になってしまう可能性もあります。まずは背筋を伸ばして正しい姿勢を保つことが大切ですが、腰の筋肉の硬直が気になり始めたらマッサージ店や整体院で患部をもみほぐしてもらうようにしましょう。定期的に腰を中心にマッサージをしてもらうことで患部の炎症を防ぎ、ぎっくり腰などの症状を予防することができます。

骨盤周りの柔軟性と筋肉の硬直

骨盤周りの筋肉が柔軟性を失ってしまい、腰や太ももの筋肉が硬直してしまうことで腰痛になってしまう場合もあります。骨盤周りの筋肉の柔軟性が無くなってしまうと、骨盤がロックされた状態になり可動域が狭くなってしまいます。骨盤の動きが悪くなることで骨盤に付着した腰や太ももの筋肉が硬直してしまい、坐骨神経などを圧迫してしまうこともあります。坐骨神経が圧迫されると坐骨神経痛などの症状を引き起こし、火度場合は足全体に痺れが出てしまうことも。これらの症状を予防するためには股関節周りのストレッチを定期的に行う必要があります。また歩くときに足をしっかり上げることで骨盤を大きく動かす効果があり、骨盤の可動域が狭くなるのを防ぐことができます。

腰痛の名古屋の治療法を正しく理解するにあたり、患者へのサポートが優れている整骨院を訪れることがおすすめです。