ポピュラーな治療法だからこそ、こだわりを持っているクリニックへ

安易に選んでいませんか?

わずか10~15分の施術で、今までコンプレックスだった鼻筋を高くして、形も理想的なバランスに整えてくれる方法が、ヒアルロン酸注射です。どのクリニックでもやっていますし、副作用もなくて安全なので、あまり深く考えずに治療代の安さなどの面から、安易にクリニックを決めてしまいがちですよね。でも、鼻へのヒアルロン酸注射は、細かい点に気を付けて行わないと満足いく結果が得られません。手軽な治療法で誰でも受けられるからこそ、患者さんに寄り添って施術を行うクリニックを選ばなくてはいけないのです。

薬剤や技術へのこだわり

鼻へのヒアルロン酸注入を成功させるには、どの場所にどれくらいヒアルロン酸を入れるかをしっかり考える必要があります。顔全体のバランスを考えつつ、横顔に違和感がないようにしなくてはいけませんよね。ヒアルロン酸も製造メーカーごとに硬さや粒子の大きさ、持続期間が異なるので、鼻のプチ整形と相性が良くて、安全性が高いものを厳選して使用しているクリニックにすると安心です。余ったヒアルロン酸を他の患者さんに使いまわしているところも避けましょう。患者さんのリクエストに応じて医師が新しい鼻をデザインし、それに合わせてヒアルロン酸を注入します。鼻筋を高くする場合も、日本人の顔の傾向に合わせるか、ハーフ顔にするかで注入するところが異なるんですよ。ヒアルロン酸専用の注射器があるので、鼻を高くする治療の際にもこれが用いられますが、微調整を可能にするためにカニューレを使っているところもあります。

処女膜の再生の手術の特徴として、健康保険制度は利用できないものの、理想的な仕上がりを期待できることがあります。