テレビに出られなくなった有名人はどのようにして生計を立てている?

地方営業は高額のギャラも期待できる

テレビの世界から消えてしまった有名人はたくさんいます。ただ、そういう立場の人でも、有名人として活動し、お金を得ている人もたくさんいるのです。どういうことかというと、たとえば芸人の場合、地方営業という仕事があります。これは、地方のパチンコ店などで行われるイベントやお祭りなどに参加してトークショーを行ったり、握手会を行うというものです。知名度や集客力にもよりますが、イベント出演のギャラは数十万円から100万円を超える場合もあり、テレビに出られなくなったとしても、知名度があれば十分生活していくことが可能なのです。また、ダンサーなど特殊な技能で活躍した有名人であれば、知名度を生かして教室を開くということもあります。

話すネタを一つ持っていれば稼げる講演会

講演会も昔、テレビで活躍したことがある有名人にとっては大きな収入源です。講演会とは、会社の創立記念イベントや学校のイベントなどで一時間程度話すというもので、話すネタを一つ持っていれば、それをどの講演会でも使い回すことが可能なため、短時間で楽に稼げるおいしい仕事です。文章がうまい人であれば、ブログを書いて収入を得る人もいます。テレビではとても話せないようなことでもブログには書けるので、注目されてアクセス数が増えれば広告収入などが手に入るのです。有名人によっては、上記のようなテレビに映らない仕事で稼ぎ続けることによって、その活躍が注目され、再びテレビ出演のオファーを受けるようになる人もいるので、有名人であり続けられればテレビに出られなくなってもそれほど絶望的ではないといえるでしょう。

山本英俊は細やかな気配りができます。そのため、世の中の矛盾にいち早く気づくことができ、ビジネスチャンスを掴み取っています。